スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

毒の船

「ペッタンペッタン。

餅はつけても、

自分の気持ちに、嘘はつけません。」(堀内健談)

どうも、忘れた頃にやってくるアレです。

今回は考察しようということで、

「毒舌家」

をテーマに少し考えてみようかと。


近年まれに見る「毒」ブームですよね。

草食系だの肉食系だのっていいますが、
「毒物系」っていうのもなかなかオツな物かと思います。

まぁ要するに、喰えないんですよね。
そういうトコに嵌る人が多い。

人間関係とか、しがらみの多い社会なので、
なかなか一般の人が毒舌を吐く機会というのは多くは無いでしょう。

そんな中で、芸能人の「毒舌家」っていうのは、世間の代表的な立ち位置を得て、
それを仕事にするというある種、免罪符を手に入れているわけです。

大物芸人の多くがまたこの毒舌家にあたるのも大きな魅力でしょう。

ビートたけしやさんま、紳助、ダウンタウンやとんねるずなんかもイメージとしては毒性が強いです。
爆笑問題や、司会者でいうとみのもんた、やしきたかじん、宮根誠司なんかも。

まぁ逆に毒性の弱い大物ってのもいます。
志村けんをはじめドリフの面々や、ウッチャンナンチャンなんかはあまり辛口なイメージはないですね。
それに加えて、ウンナンにゆかりのある芸人には毒性があまり無い気もします。
(さまぁ~ずやネプチューン、くりぃむしちゅーなどなど)

けど、大抵の芸人が憧れるのは、先に挙げた強毒性の面々なんじゃないでしょうか。

辛口トークでズバッと世相を切る、みたいなのに結構憧れがある人多いですよね。
特に普段、毒を吐きづらい立場にいる者にとっては。

最近の若手や中堅なんかを見ると、以前に比べてあまり毒を売りにする芸人は少なくなりました。
ぶっちゃけ、毒舌っていうのはどうなんでしょう。

使い方を誤れば自らを破滅に導く諸刃の剣であることは事実でしょう。
若手や中堅は特にポジションを重視していて、それを維持する為には好感度が必要になってきます。

毒舌家ってのは、実は誰にでもやれるという甘い罠的部分があり、
その実、大変なリスクを背負い込むことになります。

一昔前に、若手中心の毒舌ブームがありました。主にエンタ芸人ですね。
長井秀和、だいたひかる、青木さやか、波田陽区、etc

と、まだまだいますがちょっと挙げるとキリがありません。

新物好きとブームに乗ってブレイクしましたが、まぁそう長くは続きません。
理由は単純で、彼らのネタがただの「悪口」だからです。

まぁ実は彼らも初めからそうだったわけではないのです。
風刺の効いたネタというと多少高度に聞こえるかもしれませんが、
初見のネタには多少そういうところが見受けられました。

しかし、ネタに貧窮してくると手当たり次第貶してしまい、
周囲に嫌悪感を抱かせてしまうという結果に陥ります。

ここにあるのが、毒舌家の境界線ですね。
もっともらしい批判と単なる悪口では勝手が違うということと、
あと一度周囲に嫌悪感を抱かせてしまうと、以後のネタもさっぱり笑えなくなってしまうという悪循環。

これが毒舌家の一発屋を作ってしまう原因にもなるんですよね。

まぁここまで触れてきませんでしたが、
本題というか、今回のメインの素材といいますか。

「有吉弘行」

この男はここ最近の毒舌家のなかでも成功者のひとりと称されています。
実際ネタはつまんないんですが、フリートークと演技力という、
ここ最近の番組作りにかかせない能力を備えていること。

あと、彼に毒を吐かれた側がおいしくなるという点で毒舌を許されているわけです。

しかし、彼の巧者な部分はそこだけでもないんですよね。
彼は毒舌家でありながら太鼓持ちもやるし、高感度を挙げるための策を色々と講じてます
以前なんかの番組で、実は裏ではすごい丁寧だとか、情に厚い面だとかをチラホラとメディアで披露してるんですよね。

それでいて大物芸人の多くもいま挙げたところに当て嵌ります。
毒舌家=偉そうにふんぞりかえってる という図式は実は表面上で、
現在の大物というのは、過去の大物に気に入られて今の地位にいるという、
彼らこそ太鼓持ちの天才的な部分もあるのです。表に出さない所がまた巧者ですが。

まぁとにかく。
「本当はイイ人なんだ」と思わせる事。(または思われる事)
コレが毒舌というリスクを打ち消す、一番の薬なんですよね。

でもまぁ一発屋とはいえ、まずは売れることを第一とすれば毒舌勝負ってのも間違っては無いんですが、
それには一工夫が必要になってくるのです。

以前からダウンタウンの松本も言ってます。うろ覚えですが(笑)
「俺は人の悪口は言わない。悪いトコを指摘してるだけだ」と。

それを悪口というんじゃねーかと思いますが、まぁ微妙に違うんでしょうか。

と、今日はテーマがこんななので、多少言葉遣いを丁寧に書いてみました。
いや~、僕も毒舌の免罪符が欲しいな~。

スポンサーサイト

一夜にて、二夜連続

さてさて、今年もといいますか、昨年ですね。

M-1王者が決定しましたね。

パンクブーブーでしたっけ。

たしかに一番面白かったです。

吉本ってとこが気に入らないですが、それでもやはり
順当な結果と言えたんじゃないでしょうか。今回は。

ただ、もうなんか、漫才No1を決めるっていう謳い文句は
ドコ行ったのって感じも否めない気もする。

来年のブレイク芸人決定戦みたいな感じじゃねーかと。

まぁ悪かないけどさ。ほんとに「漫才ウメーーッ」ってやつ居ないよな。

今回のパンクブーブーも、なんかの批評で、

「トーク力の無さを克服してブレイクできるか」

みたいなこと書かれてるし。会見でも言ってるもんね。

TV番組に呼ばれて、M-1王者の漫才を見せる。

それだけでいいじゃねーか。

M-1とって大ブレイクって時代はもう終わってる。

けど、ネームバリューだけとってみても馬鹿みたいな効果はまだある。

漫才なら漫才に絞って力入れてやってけやって、

最近M-1の批判ばっかしてんなー、オレ。


ああ、〆る前に。

TV番組の中でその年、一番面白かった番組を決める賞みたいのはないのかねー。

こんだけバラエティが盛んで、しかもどーでもいい賞が多い世の中で、
あんまりその話を聞かないのも不思議な気もする。

順位付けする基準を決めにくいってのもあるのかも知れないけど、
あってもいいと思うなー。

いや、番組の人気投票みたいのはあるけど、
単純に笑いのレベルを比べるってことがないんだよな。

とまぁ、そう思っただけ。

景気も変動期を迎えて

かなり久しぶりっすな。


さていきなりだが、

最近のTV番組は面白くなってきてる。

妙なブーム感が沈静化して、穏やかな波が来てる。

こういう時にこそ、名番組が生まれるんじゃないかって気になるね。

ドラマも面白そうなのが増えた気がするし、

なんか色々な意味で好調なんじゃないでしょうか。

まぁ数字が付いてきているかっていうと、
やっぱりそうは問屋も卸してくれず、
TV離れが進んでるなんてことをチラホラと耳にする。

これからはネットTVの時代になる、なんて公言する大御所も出てくるし。

まぁぶっちゃけそうなって欲しいというのが俺としては願望だったりする。

ただ、唯一ネットの番組では暇なときに視聴してたGYAOがヤフーに吸収されちゃって、

以降の番組作りが行われていないよね。たぶん。

完全に地デジ化されたら、徐々にネットTVと地上波の差が埋まってきて、
そっから新しい世代が生まれてくるんじゃないかと楽しみにしている自分にとって、
ネットTVの楽しみを教えてくれた存在であるGYAOが後退し消えていくのは、
もったいない気もする。

TV業界の共存というか、折り合いってのが付き難いのは各社の関係を見れば
分からんでもないが、それでも娯楽や教養として高いクオリティを発揮してくれる
TV番組という存在が、これから先どのように進化していくのか、はたまた、
縮退し消えていってしまうのかという所に、一抹の不安を抱いている次第なのだ。

頑張れ、日本!

いや、ちがうか。

いつだって良いし。

ふっ、と。

なーんか知んないけど。

一昨日の夕方あたりの話。

急に。特に、何の前触れもなく。

頭の中に響き渡ったフレーズ。


「かなしいときぃーっ!」


うぉ。

何だっけ?コレ。

きっかけも、思い出せないが、思い出したフレーズが
何のフレーズだったのか。

しばらく思い出せずにいた。
フレーズ。フレーズ。フレーズ。

うーむ。んあ?

と。しばらくたって思い出した。

「いつもここから」だ。そうだそうだ。

かなしいときぃーっ!

のフレーズネタで人気を博した。あの。

うんうん。最近見ないなぁ。

元気でやってんのかなぁ。うーむ。

あれ?

………。

まじか。

かなしいときのネタがひとつも思いだせん。

時の流れか。俺の頭のせいか。(同じ?)

いや、ほんと。

悲しい気分だったわ。


今日も明日も

世の中は不況の一途をたどってるみたいで、

自然災害が頻繁に生活を脅かし、

人の生命が失われてしまう事件が日々発生し、

近所では喧騒が響き渡っていたりして、



…平和っすね。


広く世界的である、インターネットで出す言葉としては、
まぁ不適切だと思われますが。


連休が終わって、明日から仕事。
別に嫌じゃないけど、そう考えると、
「あ~、平和なんだな。意外と」
なんて考えちまいます。

大切さがコレっぽっちも分かってないのが痛いっす。


東京03がキングオブコントで優勝したみたいで、
いままでよりは日の目を見るのか、期待したいところですが、
ソレ意外の話の種が無さそうなんで、無理かも知れないなと。

最近減った職人気質のコント師が、
アイドルじみたレッドシアター芸人どもと
対決する日は来るのか来ないのか。

見ものではある。でもやっぱり、

平和なんだろうなぁ。
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。