スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

一夜にて、二夜連続

さてさて、今年もといいますか、昨年ですね。

M-1王者が決定しましたね。

パンクブーブーでしたっけ。

たしかに一番面白かったです。

吉本ってとこが気に入らないですが、それでもやはり
順当な結果と言えたんじゃないでしょうか。今回は。

ただ、もうなんか、漫才No1を決めるっていう謳い文句は
ドコ行ったのって感じも否めない気もする。

来年のブレイク芸人決定戦みたいな感じじゃねーかと。

まぁ悪かないけどさ。ほんとに「漫才ウメーーッ」ってやつ居ないよな。

今回のパンクブーブーも、なんかの批評で、

「トーク力の無さを克服してブレイクできるか」

みたいなこと書かれてるし。会見でも言ってるもんね。

TV番組に呼ばれて、M-1王者の漫才を見せる。

それだけでいいじゃねーか。

M-1とって大ブレイクって時代はもう終わってる。

けど、ネームバリューだけとってみても馬鹿みたいな効果はまだある。

漫才なら漫才に絞って力入れてやってけやって、

最近M-1の批判ばっかしてんなー、オレ。


ああ、〆る前に。

TV番組の中でその年、一番面白かった番組を決める賞みたいのはないのかねー。

こんだけバラエティが盛んで、しかもどーでもいい賞が多い世の中で、
あんまりその話を聞かないのも不思議な気もする。

順位付けする基準を決めにくいってのもあるのかも知れないけど、
あってもいいと思うなー。

いや、番組の人気投票みたいのはあるけど、
単純に笑いのレベルを比べるってことがないんだよな。

とまぁ、そう思っただけ。
スポンサーサイト

景気も変動期を迎えて

かなり久しぶりっすな。


さていきなりだが、

最近のTV番組は面白くなってきてる。

妙なブーム感が沈静化して、穏やかな波が来てる。

こういう時にこそ、名番組が生まれるんじゃないかって気になるね。

ドラマも面白そうなのが増えた気がするし、

なんか色々な意味で好調なんじゃないでしょうか。

まぁ数字が付いてきているかっていうと、
やっぱりそうは問屋も卸してくれず、
TV離れが進んでるなんてことをチラホラと耳にする。

これからはネットTVの時代になる、なんて公言する大御所も出てくるし。

まぁぶっちゃけそうなって欲しいというのが俺としては願望だったりする。

ただ、唯一ネットの番組では暇なときに視聴してたGYAOがヤフーに吸収されちゃって、

以降の番組作りが行われていないよね。たぶん。

完全に地デジ化されたら、徐々にネットTVと地上波の差が埋まってきて、
そっから新しい世代が生まれてくるんじゃないかと楽しみにしている自分にとって、
ネットTVの楽しみを教えてくれた存在であるGYAOが後退し消えていくのは、
もったいない気もする。

TV業界の共存というか、折り合いってのが付き難いのは各社の関係を見れば
分からんでもないが、それでも娯楽や教養として高いクオリティを発揮してくれる
TV番組という存在が、これから先どのように進化していくのか、はたまた、
縮退し消えていってしまうのかという所に、一抹の不安を抱いている次第なのだ。

頑張れ、日本!

いや、ちがうか。

ウソをつけ~。

「優柔不断」という言葉がある。

それが好ましくない物として定着しているのは、
人間の趣向に寄るところだろう。

逆に、「竹を割ったような~」という形容句が
好意的に受け取られる場合が多いのもそう。

つまり、人間ってヤツは、

「分かりやすい」というのを好み、

「分かりにくい」ことを嫌う。

って、ことにしといて、

何でもかんでも数字で表すことを
よしとする訳です。

思い返せば幼少時からずっと、
この数字に付きまとわれてんですよね。

まぁ、それも大事ではあるんですけどね。

それで色々人生を決められたりもします。

TV番組ってのもまた言わずもがな、
数字に影響を受けているわけです。

「視聴率」

今回のテーマはコレです。

さて、よく耳にする言葉ではありますが、
これについて少し説明を。

『視聴率を調査する目的』

・各種番組の視聴率から、国民の関心の高さを探る

・視聴率の移り変わりから社会の動きを知る

・テレビの媒体力や広告効果のひとつの指標として提示することで、利用スポンサーに対して広告料をもらう根拠とできる

ウィキから転載しました。興味ある方はそっちでもっと詳しくなりましょう。

主に調査は「株式会社ビデオリサーチ」が行っている。
無作為に選んだサンプル世帯(2年周期)で測定。


まぁ説明はこのくらいにします。詳しくはwebでどうぞ。

TV番組もスポンサーあってのもの。

ようするに、出資者がいないと番組を制作出来ない。

出演者のギャランティ。スタッフの給料。セットの費用。

俺ら一般ピーポーから言わせると、莫大な金がかかってる。

その金を出すかどうか。それを決断する材料が要するに視聴率な訳だ。

それだけじゃないって意見もあるだろうが、そうだとしか言えん。

視聴率0%の番組を、金払って作りたいスポンサーはいない。

まー厳しいですね。

俺が今回、何でこのテーマを選んだか。

正直、こんな話題つまんねーと思う。

しかしながら、書いときたい。

「くりぃむナントカ」って番組について。

大昔にここで書いた気もするが、深夜で人気を博し、
ゴールデンタイムに昇格。
その後、大ゴケして打ち切りになった番組だ。

視聴率。その一点において判決が下されるのは、
あまりに淡白というか、冷徹というか。
またその点、正確性においても不明瞭というか。

番組の内容は、パワーアップしていたはず。

出演者も、ゴールデンタイムに通用する面子を揃えていた。

それでも視聴率は振るわなかった。

理由は単純に視聴者層の質、の急激な変化。

これは表現としてだいぶアバウトだけど、
元はと言えば深夜で始まった番組である。

何で要するに、「深夜番組が好き」な連中が見る番組なんだな。

それがゴールデンタイムの視聴者層が見る番組に昇華、
あるいはその視聴者層が『慣れる』までは結構かかる番組なわけだ。

シフトするのに結構時間がかかる。
少なくとも1年はみるべきではあったはず。

くりぃむしちゅーの二人がね。ショックだったんじゃないかって。

しかし、評価はいまだに高い。

お笑い好きな人間てのは、面白いものはずっと認める。

くりぃむナントカはつまんなくなって終わったんじゃないって事。

『視聴率』が単に振るわなかった。それは、イコールつまらないではない。

さまぁずがなんかの番組で言ってたが、

その回の視聴率が良かったのは、その前の回が面白かったからだ、と。

1個の数字だけじゃなく、その前後の関係性まで見る良い言葉だ。

では、このテーマを締めます。

「視聴率って、結局、600世帯くらいのサンプルから測ってるんじゃ、すげー適当じゃね?」

だ。

まぁ、何の指標も無いよりはマシなんだろうけど。

それでいいのか?


てか、NHKは必要なのか?

いや~、損してる。

知らないってのは損してるよな~。

いや実際は、得をしないってだけで損しちゃいないわけだが。

TV放送と一言で言っても、いろんな種類がある。

全国放送やローカル放送、有料放送ってのもある。

普通にTVを観てるだけじゃそういうトコって気づきにくい。

番組内で『○○放送局』、『○○TV』とかってスタッフロールで紹介されたり、
そんなとこを注意深く見てないと気づかないんだよな。

しかも、そんなのも全国放送されている番組に限ってであり、
地域限定の番組なんかは、その存在すら普通は知らない。

いやぁ。最近見つけちゃったのよ。

番組自体は結構有名らしいんだけど、このお宝番組。

『 おねがい!マスカット 』

あー。

まー、結構幅広く放送されてるんだけど、かなりの深夜枠だし、
俺も最近知ったくらいだから、ローカルなんだろうと。

俺ら男から言わせてもらえば、「夢のような番組」だな。

だってこんなの言っちまえば、普通のバラエティとかグラビアとかのアイドルなんか、

商売あがったりでしょうよ。

バラエティとして成立するくらいおもしろいし。

普通に容姿端麗なAVアイドルら。(ん?セクシーアイドル?セクシー女優?)

グラビアアイドルも出てるみたいだけど、どっちでもいい。

これまで見えていたおもっくそ演技なとこだけじゃなく、

若干、素面が見えてしまう辺りにこの番組の計り知れない

希少価値みたいなもんを感じてしまう!

・・・ちょっと熱くなっちまった。

とまぁ、前述したようなバラドル、グラドルが商売あがったり、なんてことは、

実際にはねーんだよな。

彼女らはそういったっつーか、まぁ縛りみたいなもんがある。

勿体ねーなと思うわ。

サービス精神もポテンシャルも全然引けをとらないどころか勝ってるっつーのに。

まーあの番組(おねマス)を観れば、おもしろ発言も言わされてるってのは分かる。

ネタとかも全部作家が提供してるんだろうってのもまーありがちだ。

でもそれをカメラの前で面白くやれるかどうかってのが、昨今の番組作りでは

重要になってきてるんだよな。うまく演じきれるかどうか。

嘘ってのも二種類あるだろ。良い嘘と悪い嘘。

嘘にゃ変わりないが、誰も損しないんならなんつーか、いたずらで済むレベルだし。

でもな。

二つほど納得できないことがあんだよね。

まずひとつは出演者。

またおぎやはぎの番組かってとこ。

なんかこのコンビが絡んでくるんだよなぁ。俺好みの番組ってーと。

別に俺このコンビそんな好きでもないんだけど。

趣向の問題か? エロ方面が好きだから?

で、もうひとつのモヤモヤ。

この番組の謳い文句(いわゆるコンセプトな)

「深夜をスカッとさせるストレス発散バラエティ」らしい。

いやぁ。

ちがくね?

むしろ、

ムラムラするし。

スカッとするのはむしろその後だろ。(個人差有り)

・・・どーでもいいか。

あー、ちなみに俺は、

KONANと西野翔がお気に入りだ。

・・・どーでもいいか。

もう一度聞くが、何の大会だって?

さてさて。

ついさっき、「まぁそのうち」なんつったわけだが早速書かせて頂いている。

俺は以前にも書いたと思うが、『M1-グランプリ』なる番組に辟易してた。

なんで、ぶっちゃけ第2回くらいまでしか見てない。

しかも中途半端にしか観てなかった。

んで、今回初めてガッツリ観た。

始まりのトロフィー返還?から最後のトロフィー授与まで。

なんつったら良いんだろ。

いや待て。俺の迷いっつーか、ふつふつと湧き出る疑問。

この番組、面白いか?

うーむ。いや、なんつーか、アンチ的な感じで言ってる訳じゃなくて。単純に。

ずーっと観てて、気付くとオレ全然笑ってねーんだ。

会場の審査員やってる連中も笑ってない。
そりゃ愛想笑いや作り笑いなんて見たくもねーけど、それ以前に、
しかめっ面してるやつが多いし何考えてるか分からんような表情のも多い。

オレが唯一笑ったのは、「ナイツ」のネタくらいだろうか。

更に気になるというか不思議なのは、

審査員は何を見て何処を評価してるんだろうってとこ。

いやいや、優勝者が気に入らないとかじゃない。

決勝に残った芸人達は各々がそこそこ腕のある芸人だ。

今回のだって、誰が優勝してもおかしくなかった。これは本当にそう思う。

これは、漫才におけるコンクールとしての番組か?

だとしたら審査基準は明確にせねばならないだろう。

加えて、以前も書いたが、審査員を選ぶ基準も分からんし。

審査員の彼らが漫才師として頂点を極めたとでも?

お笑い界の重鎮?それこそが笑い種だろう。

他の、特に世代の違う若手の笑いを評価するなんて彼らに出来うる筈がない。

大御所なんていってるが、所詮は過去の遺物みたいなもんだ。ありがたいってだけ。

暇があれば自らの芸を磨けばいい。てかお笑い界の大御所なら当然好きな所で笑いを取れるんでしょうな。

まぁこれがコンクールの仕組みなのか。どうだか知らんが。

あとな、今回のは観るからに出来レースだぞ。

前々から噂はあるが、気付く人は気付くわけだ。観てて違和感があるし。

まぁあれだ。

いちおう断っとくが、別に優勝した芸人がつまんなかったとか言うことじゃない。
あの若さにしちゃー整ったネタが出来るし表現力もある。優勝してもおかしかない。

俺が出来レースだって確信したのはもっと別のところで、だ。

紳助「俺の中では圧勝やった」 上沼「圧勝だった」

何が???

違和感バリバリの発言でしょう。

会場の雰囲気や観客の反応で言えばオードリーが一番だったように見えた。

ネタの完成度としてはナイツだろう。定型ってのが悪い訳じゃないし。ネタの構想力は秀逸だ。

どれが群を抜いていた? 本当にそんな芸人いたか?

今日の出場者全部見比べても群を抜いてた組なんざ無かっただろ。

少なくともオレにはそうは見えなかった。てかほとんど笑ってないし。

圧勝だったとかって言葉を早々と出したよな。

まるで周囲に言い聞かせるように。

唯一、大竹まことがオードリーに入れた理由は何となく分かった。
審査員としては如何なもんかと思うが、個人的にあのスタイルが気に入ったんだろう。

蓋を開けてみれば、吉本所属の審査員はほぼ同じ票で優勝した芸人も吉本の若手でホープ。

とまぁ、こんなの今更な考察ではあるし、観てる人の大半は気付いているだろう。

どーでもいいんだ。単なるネタ見せ番組だし。しかも低クオリティな。

でもなぁ……うーん……俺が言いたいのはなぁ……別にあるんだ。

松本よ。そこに座ってていいのか?

そういう番組を貶すのがお前の役割だろうがよ。

周りに併せて得点付けて、愛想の良いコメントして、昔のお前ならプライドが許さなかったんじゃないか?
おそらく多くの視聴者は松本の審査に対しても興味持ってる。

あの審査員の中じゃおそらく一番の注目所だろう。
(番組側もラストの投票名を明かすとこで松本のトコちょっとタメたしな)

つまりあの番組の優勝者には松本人志が太鼓判を押したって事にもなる。

本当にそれでいいのか? 許せるのか?

周りをよく見てみろ。本当に笑いを分かってる人間が横に揃ってるか?

単に昔からいる芸暦の長い連中が並んでるだけなんじゃねーのか?

相方は? 高須は? さんまがいねーの不思議じゃないか?

その妥協が、お前がつまんなくなった理由なんじゃねーのかな?
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。