スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

反国精神?反骨精神?

以前というかだいぶ前だが。
ここで触れた小説、

「サウスバウンド」

の映画を観た。

DVDで借りて観たのだが、
まだ最新作のためレンタルは一泊二日である。

まぁそう何度も観るでもないから別に構わんが、
そーゆーとこが最新作を借りるのが躊躇われる理由でもある。

観た感想はといえば、
この作品に興味を持たれた方には

小説の方をオススメする

というところ。
主要キャストの粒揃いなところ、
ほかに新人を多数起用しているところ
これについては問題ない。

だが全体的にコメディ的要素が薄れてるし、
元過激派の父に関する表現がかなり大人しめに描かれている。

そこが一番の魅力なのにさ。
せっかくのキャラがもったいねー。

左翼や右翼に関する表現も全部省かれている。
原作ではその辺を専門用語を交えて解説してるところも多々あるのに。

また、東京編の主要登場人物であるアキラおじさんなんか名前も出てこない。

いま国際的に問題になっている「表現の自由」。
これってやっぱり難しいもんなんだろう。

「自由の主張」
そこには色んな要素が絡み合ってくる。

暴力や殺意とか。
平気で人を傷付ける人間がいて。

自由を勝ち取るために命を懸ける人達がいる。

元々無いものを取り合うから決着が付かない。
人に考えを押し付けあう闘争。
逃れられない呪縛。連鎖。

まぁでもね、違うんだ。
本質はそんなんと違うんだ。

情報操作なんだ。マインドコントロールなんだ。
ちょっと狡知をひけらかしたい奴らの罠なんだ。

この作品の、上原一郎が言っている、
間違ってることを間違ってるとハッキリ言うこと。

究極、それだけで解決するんだ。単純な問題なんだ。
それを勝手に難しいことに置き換えるから大袈裟になってる。

面倒臭いっつーか、生きるのが嫌になる世界。
こんな国が過去に犯した失態や負債を、全部おっ被って生きていかにゃならん理由ってのは、俺らの時代を作ってくれた先代に対する礼儀とか、子孫だからとか、国民だからとかって、そんな事でいいのかね。

国のために闘ってくれた。
だからそれが間違ってる、間違ってたなんて、本人や遺族のためにも、口が裂けても言えない。

そんな事言ってて、
また間違いが起きてりゃ世話無い訳で。

例えば過去に侵略した国に対し、日本の現国民として本当に謝罪する義務が俺らにあるのか。負い目を感じなきゃならんのか。その罪を実際に犯していない人間が謝罪したところで許されるもんなのか。

手っ取り早く、
「国民辞める権利」ってのを、行使できるとしたら、今の日本国民はどうするだろう。

この国の保護に縋るか?
地域で再団結し生活するか?

プライドなんてちゃちな言葉で愛国心を煽ろうなんて考えて欲しくねー。
むしろそういうのがイザコザの原因なんだからさ。

て。

うわぁ……今回は特に脱線がひどすぎる……。
途中からこれ、ほとんどサウスバウンドと関係ない国の話だよ。

俺も西表島に行こっかな……。
スポンサーサイト

あんなコとイイナ♪デキたらイイナ♪

アン、アン、アン。
とってぇもだぁい好き。ドラえ~もん~。

この喘ぎ声みたいなアンと、ドラ焼きのアンコが掛かってると気付いた今日この頃。
ええ、さっきまで観てましたよ。

「ドラえもん
のび太の新魔界大冒険
~7人の魔法使い~」

観るのは二回目。一度目は劇場で。

つっても、俺自身は熱心なドラえもんファンではない。
姪っ子と甥っ子にせがまれて連れて行ったのだ。

正直、この歳で「ドラえもん」なんて、と。無駄な時間を過ごす事になるなぁという面倒臭さというか、そんなやる気の無い感じで足を運んだ。

しかし。これが下手な映画なんかより面白い。
んで、今日も二回目を熱心に観てる始末。

目を引かれたのが、脚本をミステリー作家である真保裕一が担当しているところ。
有名な作家だが、なんでミステリー作家が? と不思議だった。

彼は元々アニメーター志望であり、シンエイ動画という「ドラえもん」や「クレヨンしんちゃん」のテレビアニメ、劇場版アニメの製作に携わっている会社に所属していたらしい。

特に、ドラえもんのような夢のあるアニメを製作したかったという思いがあったようで、今回はその夢が叶った作品になったと言える。

今作は以前あった「のび太の魔界大冒険」のリメイクであり、まぁ原作は観てないがシーンの追加や削除といった変更もいくつかあったようだ。

なかでも追加されたシーンで、ドラえもんが突然腹痛を起こす場面など、伏線が追加されているのを観ると、真保裕一の手入れかなと考えてしまう。

ドラえもんといえば声優が変わったことで話題になった。
これは時の移り変わりということで、不評を買ったこともあったようだが、見慣れると違和感など忘れている。

今作には相武紗季やら芸能人が声優として多数参加している。
だが聞いててもまったく分からん。てかドラミの声って千秋なんだな。ドラえもん好きそうだし、結構良いキャスティングだなと思う。

でも、芸能人が話題づくりのため声優としてゲスト出演するって作品が、アニメやら外国映画の吹き替えやらでも増えてきた。お笑い芸人なんかも結構出演してる。

正直、くやしいが効果はある。
声の出演者の欄に芸能人やら知った名前が載ってると、普段以上に興味をそそられる。

しかし本職の人間はどう思ってるのかね。
仕事が減ったと疎んでるのか。う~ん。なんともいえん。

ドラえもんといえば、数々のツッコミを受けている作品でもある。
ドラえもんはなんで土足なんだ、とか。
タケコプターの原理はおかしい、とか。
ドラえもんの歌が実は卑猥だ、とか。
映画のジャイアンが良いヤツ過ぎる、とか。

子供向けのアニメに、んなツッコミいれるんじゃねぇよ! とも思うが、それはそれで面白くて笑ってしまう。そのツッコミも大半は子供からの疑問だったりもするが。

まぁ、話のつじつまか子供の夢かと問われれば、後者を取るってそんな作風なんだろ。

劇場で観た時、子供二人に挟まれて涙を必死で堪えてた。
恥ずかしながら涙腺弱いんで。

こういう歴史の深い作品ってのはいいな。
調べてると色んな話が出てくる。製作秘話みたいなのとか作中の裏話とか。

時間が経つのを忘れちまう。だからこんな時間に。

ちなみに、都市伝説みたいな感じでドラえもんの最終話ってのがあるらしい。しかも数パターン。
俺も中学の頃かな。そのうちの一つを友人から聞いたことある。のび太が植物人間だったとかいうやつ。
その頃はドラえもん好きでもなく興味も無かったから気にも留めなかったが、いま思い返すと複雑な気持ちになる。

正式には、最終話は存在しないということらしい。
ファンの中にはきっちりとした最終回を望む者も多い。原作者は他界されているため難しい気もするが。

俺は、無くていいと思ってる。

俺は他の色んな作品とかでも、意図的に完結編を見ないようにしてたりする。
ドラえもんの幻の最終話も、探せば見れるんだろうけど、見ないことにした。気にはなるけどね。

「完結」ってのが何かヤなんだよな。
そりゃ、始まりがあれば終わりはある。それから目を背けてる俺は現実を受け入れられないガキなのかもしれん。
でも、それが本音だからな。

あれだな。
ここまで書いといてなんだが、笑いとまったく関係ない話になっちまったな。

まぁでも、子供にとっちゃ笑いのツボってか笑顔の素ってか。
そういう元気の源って意味じゃあ俺にとっての笑いって概念とかわんねぇかな。

笑いも涙も根っこは結構似てんじゃねぇか。
ま、ドラえもんの歌にエロスを発見するようになった時点で大人になったんだな。

うれしくもあり、かなしくもあり。
じゃあ、最後は今作にちなんでご存知のこの呪文というか合言葉で締めましょうか。
いきますよ。せーの。

チンコロ ホイ!」

……え?

ちょっと違う? イイ話的な流れが台無し? まじで?
あ。こんなときこそ「もしもボックス」で!

たすけてぇ!!ドラえもぉぉぉぉぉんっ!!!

馴染めないといえばそうだけど

俺はなんか香港映画好きみたいだ。

特に最近はレンタル店でもアジアンムービーコーナーを徘徊している。
何を感違ってか韓国映画コーナーとかをウロウロしてることもある。その程度の好きレベルだ。

香港映画といえば、アクション&コメディの二枚看板でお馴染みだ。

香港映画のアクションといえば、ワイヤーを使った独特な手法が有名だろう。
見るほうとしては、明らかに違和感アリアリなわけだが、それ前提で「まぁいいか」て感じになる。

純粋に楽しめる。アクションで興奮し、コメディで笑う。娯楽。この一言に尽きる。

いやね。今回はほんと私事っつーか、批評とか抜きで書いてる。

ちょっとハマってしまって。
日本人でさえアイドルとか女優なんかほとんど興味ないんだが、
まさか香港の女優に興味を持つとは。

女優つか、アイドルなんだが、
【Twins】(ツインズ)ってご存知のかたいらっしゃるだろか。
俺も最近知ったんで、そんなに有名なのかは疑わしいとこだが、二人組みの女性ユニットで香港NO.1アイドルらしい。

興味を持った理由は、そのアイドルらしからぬアクションパフォーマンス。
日本のアイドルにあそこまでやれるヤツはいないだろう。いや、可能性があるのは中川翔子くらいか。
まぁあっちは編集も特別ウマイんだ。アクションその一点においてはハリウッド映画さえ凌駕している。

とにかく、カワイイ中国娘が流麗な美技まで見せちゃうと。そりゃ魅せられても仕方ない。

うーん。でも、残念ながら彼女らの出演作で日本でも公開されているのって結構少ないみたいなんだ。
それも、ジャッキー・チェンと競演している作品がほとんど。やっぱり香港映画ったらジャッキーなんだよなぁ。

あ、そうそう。ジャッキーの息子が主演してる映画にも出演してた。
ツインズ・エフェクトⅡだったかな。邦題。

ま、興味あったら観てみてください。

つかもーぜっ、ドラゴンボー……あ、違うわ……。

俺は結構中国が好きだ。
これは別に友好的とかいうのではなく、笑いの観点で測ったらってことだが。

その映画の話なんだが。
「西遊記 リローデッド」という作品をご存知か。

この元ネタとなる昔話自体は有名だ。最近でもちょくちょく耳にする。
出演者は

ニコラス・ツェー
シャーリーン・チョイ
ファン・ビンビン
チェン・ボーリン

って、
誰だよ。全員しらねーよ……。
これで、俺が中国好きだけど友好的ではないことがお分かりだと思う。

政治的なことに関してはムカつくことが多いが、そっちとこういう映画とか娯楽とかはまた別の話だからな。評価は公平にする。それに政治が腐ってんのはあっちもこっちもどこでも一緒だし。

しかしこの映画はおもろいな~。ほんとに。
各所にちりばめられたボケ。そして壮大なボケ。感動を誘いつつもボケ。
ボケることを忘れない精神。こういうところは見習いたい。

基本的にここでは、せっかく紹介するんだからネタバレ的なのはなしで書こうと思ってる。それでいて内容を評価せんといかんというのは難しいんだが、出来る範囲でそれを守りたい。

とにかく、西遊記ではないんだよなこの話。
テイストっつーか、そういうのが中国の昔話なだけで。こういうはちゃめちゃなのやらせたら中国ってすげーよなぁ。少林サッカーとかさぁ。ド肝ぬかれるもんな。ほんと。

まぁ「B級」って感はいなめないけど、こういうのがよっぽど面白いよ。気楽に観れるし。
見所は、主演のニコラス・ツェー演じる三蔵法師。この役柄のイメージとしてはクソがつくほど真面目な坊さん。しかし、真面目であることが、いかに笑いを誘ってしまうのか。これぞ悲しい摂理。まさに表裏一体である。

そして、その三蔵のことを一途に愛する妖怪の娘。一途であることが、いかに笑いを誘ってしまうのか。これも悲しき摂理。まさに暴走機関車。

てか、単にどっちも行き過ぎなだけなんだよな(笑)。
やっぱ何事もやり過ぎはあかん。周りから笑われるぞ。でも、逆に言えば笑いが取れる。いいじゃん。怪我の巧妙ってやつだ。

メチャクチャな内容だけど、面白いんだよ、ほんと。
ちなみに久石 譲が音楽担当してる。あんまりそこは気にせず観るほうが楽しめるけど、感動するとこはするよ。

ああ。ちなみに俺、キョンシー映画もよく観る。最近(っつーか、実は大分前だが)観たのは「少林キョンシー」と「キョンシーVSくの一」。
個人的な感想としては、面白かったなぁ。だが、きっぱりとオススメはできないと言っておく。
ともあれ、こういう感じの映画をもっと増やして欲しいな。と、期待してる。

工場見学に行こう。inカカオ

さて、コメディ映画のお話。
今回は「チャーリーとチョコレート工場」について書いてみる。

主演はパイレーツ・オブ・カリビアンでおなじみのジョニー・デップ。この作品では、40歳を越えているとは思えない演技を披露してくれる。まだまだ衰えを見せない。

さて、この「チャーリーとチョコレート工場」だが、不思議なチョコレート工場の中を子供たちに見学させるあらすじなのだが、工場内のいたるところに変なオッサンがいる。

「ウンパルンパ」とか言うオッサンだ。これがまた変な生き物で、手乗りサイズのオッサンで、全身タイツを着用しているという異様な風貌。さらにこれが群れをなして登場するシーンが多数盛り込まれている。

個人的にこういう不気味な感じと言うか、ちょっと前に流行った言葉でキモカワイイみたいなのは正直遠慮したいところだが、要所に組み込まれているコミカルなミュージックパフォーマンスに心を奪われた。

日本語版で観賞していたのだが、歌詞も面白いし、声の変化もなかなかうまく構成してある。
この作品でもっとも注目したのがその「音楽」の部分だった。

で、なんとなく覚えようと思い、サントラを買って聞いてみた。
しかし、最後まで日本語版の歌は入っていなかった。
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。