スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

毒の船

「ペッタンペッタン。

餅はつけても、

自分の気持ちに、嘘はつけません。」(堀内健談)

どうも、忘れた頃にやってくるアレです。

今回は考察しようということで、

「毒舌家」

をテーマに少し考えてみようかと。


近年まれに見る「毒」ブームですよね。

草食系だの肉食系だのっていいますが、
「毒物系」っていうのもなかなかオツな物かと思います。

まぁ要するに、喰えないんですよね。
そういうトコに嵌る人が多い。

人間関係とか、しがらみの多い社会なので、
なかなか一般の人が毒舌を吐く機会というのは多くは無いでしょう。

そんな中で、芸能人の「毒舌家」っていうのは、世間の代表的な立ち位置を得て、
それを仕事にするというある種、免罪符を手に入れているわけです。

大物芸人の多くがまたこの毒舌家にあたるのも大きな魅力でしょう。

ビートたけしやさんま、紳助、ダウンタウンやとんねるずなんかもイメージとしては毒性が強いです。
爆笑問題や、司会者でいうとみのもんた、やしきたかじん、宮根誠司なんかも。

まぁ逆に毒性の弱い大物ってのもいます。
志村けんをはじめドリフの面々や、ウッチャンナンチャンなんかはあまり辛口なイメージはないですね。
それに加えて、ウンナンにゆかりのある芸人には毒性があまり無い気もします。
(さまぁ~ずやネプチューン、くりぃむしちゅーなどなど)

けど、大抵の芸人が憧れるのは、先に挙げた強毒性の面々なんじゃないでしょうか。

辛口トークでズバッと世相を切る、みたいなのに結構憧れがある人多いですよね。
特に普段、毒を吐きづらい立場にいる者にとっては。

最近の若手や中堅なんかを見ると、以前に比べてあまり毒を売りにする芸人は少なくなりました。
ぶっちゃけ、毒舌っていうのはどうなんでしょう。

使い方を誤れば自らを破滅に導く諸刃の剣であることは事実でしょう。
若手や中堅は特にポジションを重視していて、それを維持する為には好感度が必要になってきます。

毒舌家ってのは、実は誰にでもやれるという甘い罠的部分があり、
その実、大変なリスクを背負い込むことになります。

一昔前に、若手中心の毒舌ブームがありました。主にエンタ芸人ですね。
長井秀和、だいたひかる、青木さやか、波田陽区、etc

と、まだまだいますがちょっと挙げるとキリがありません。

新物好きとブームに乗ってブレイクしましたが、まぁそう長くは続きません。
理由は単純で、彼らのネタがただの「悪口」だからです。

まぁ実は彼らも初めからそうだったわけではないのです。
風刺の効いたネタというと多少高度に聞こえるかもしれませんが、
初見のネタには多少そういうところが見受けられました。

しかし、ネタに貧窮してくると手当たり次第貶してしまい、
周囲に嫌悪感を抱かせてしまうという結果に陥ります。

ここにあるのが、毒舌家の境界線ですね。
もっともらしい批判と単なる悪口では勝手が違うということと、
あと一度周囲に嫌悪感を抱かせてしまうと、以後のネタもさっぱり笑えなくなってしまうという悪循環。

これが毒舌家の一発屋を作ってしまう原因にもなるんですよね。

まぁここまで触れてきませんでしたが、
本題というか、今回のメインの素材といいますか。

「有吉弘行」

この男はここ最近の毒舌家のなかでも成功者のひとりと称されています。
実際ネタはつまんないんですが、フリートークと演技力という、
ここ最近の番組作りにかかせない能力を備えていること。

あと、彼に毒を吐かれた側がおいしくなるという点で毒舌を許されているわけです。

しかし、彼の巧者な部分はそこだけでもないんですよね。
彼は毒舌家でありながら太鼓持ちもやるし、高感度を挙げるための策を色々と講じてます
以前なんかの番組で、実は裏ではすごい丁寧だとか、情に厚い面だとかをチラホラとメディアで披露してるんですよね。

それでいて大物芸人の多くもいま挙げたところに当て嵌ります。
毒舌家=偉そうにふんぞりかえってる という図式は実は表面上で、
現在の大物というのは、過去の大物に気に入られて今の地位にいるという、
彼らこそ太鼓持ちの天才的な部分もあるのです。表に出さない所がまた巧者ですが。

まぁとにかく。
「本当はイイ人なんだ」と思わせる事。(または思われる事)
コレが毒舌というリスクを打ち消す、一番の薬なんですよね。

でもまぁ一発屋とはいえ、まずは売れることを第一とすれば毒舌勝負ってのも間違っては無いんですが、
それには一工夫が必要になってくるのです。

以前からダウンタウンの松本も言ってます。うろ覚えですが(笑)
「俺は人の悪口は言わない。悪いトコを指摘してるだけだ」と。

それを悪口というんじゃねーかと思いますが、まぁ微妙に違うんでしょうか。

と、今日はテーマがこんななので、多少言葉遣いを丁寧に書いてみました。
いや~、僕も毒舌の免罪符が欲しいな~。

スポンサーサイト

イロモノ

最近ドラマをよく観る。

ほとんどが何話か飛ばしながら観てるので良く分かんないけど、「名探偵の掟」はオモロイな。


さて。最近のお笑い事情ですが。

少し前から「はんにゃ」、そして最近になってようやく「オードリー」の人気が下火になってまいりました。

まぁまだそこそこ人気を保ててるからいいけど、そろそろ明暗が分かれる頃合か。
ドキドキしますね。


今回の考察は、『キャラクター』ってのを掘り下げてみたい。

芸能界でのポジションを確立する際に必要となるこのキャラクター。

これが人気の火付け役にもなることもまま多い。

ただ、「継続するキャラ」と「ブレイクするキャラ」ってのは別々というのが俺の見解である。

というより、世間一般の認識の仕方。言われ方がその見解を辿ってるともいえる。

つまり、最初にブレイクしたキャラをずっと引きずって使用していると、最近では「一発屋」と揶揄されるようになってきているのだ。

これはつまり「キャラ」だけでなく、ひとつの「ネタ」に頼っているとそうなってしまう場合に通じる。

大体ひとつのネタのなかではキャラもそれぞれひとつだ。例外もあるけど。

先に挙げた「はんにゃ」と「オードリー」なんか分かりやすい例だろう。

双方とも、得意分野は違えど「キャラモノ」としてブレイクを果たしたという点で似ている。

金田の「ヘタレキャラ」。春日の「上から目線キャラ」。

とかその辺か。有名だよね。

まぁそれでも取っ掛かりはコントや漫才やトークの実力であり、それがあってこそなのだが、ことブレイクってのに関してはキャラクターとかなり密接な関係にある。

てかそれなしでは成立しないと言ってしまってもいい。

明暗を分けたM-1からのNON STYLEとオードリーの差もその辺。つまりキャラの差だ。
世間ではトーク力の差みたいに言われているが、実のところその点はほとんど差が無い。(てかどちらもトーク力はそんなに無い)

まぁともあれ、必ずしもキャラ重視って訳でもなく、ホンと稀だが大ブレイクはせずとも、人気実力ともに高い芸人というのも存在する。(この売れ方が大体プチブレイクといわれる)

しかし、この手の芸人も地位を確立するためにキャラを後乗せする傾向にある。

この『キャラの後乗せ』というのが、人気を保つキャラ=「継続するキャラ」につながる。

今現在、人気が下火になっている芸人というのは、この「キャラの後乗せ」が出来ていない。または、ある程度人気が残っているうちにその大事な仕事を果たせなかった者たちなのだ。

大分前に書いたが、一発屋というのは強烈なキャラで売れたあまり新ネタというものを模索する事に拘る。基本的なキャラクターをそのままで、ネタだけ新しくしようとする。

それがぶっちゃけ無理なのだ。

大ハネしたネタを超えるネタなんてそうそう生まれてこない。当然だろう。それを連発出来るような芸人は本当に天才だ。何の心配も無く芸能界に君臨してていい。

だが、そんなやつはこの芸能界に存在しないだろう。どんなに才能のある人間でも、明日とはいわずとも、数年後まで人気が続いていると、何の心配も無く言えるやつはまずいない。

どうやって生き残るか。

また、どうやって生き残れたのか。

それは、「自分に会ったキャラクター」と「状況によってキャラを変える応用力」を身に付けたからだ。

まぁそのどちらも自分で模索して発見した場合もあり、誰かに引き出してもらった場合もあるだろうが、人気を保っている芸能人には大抵そのどちらも備わっている。

「キャラは常に模索してる。でも良いキャラが見つからないんだ!」

なんて芸人も多いんじゃなかろうか。てかみんなそうなんじゃねーか?

濃いキャラ作り。新ネタ感覚で難しく考えてたり、特殊なものを求めたり。

いやいや。違うんですよ。

そんな悩めるアナタに簡単にアドバイス。

「大は小を兼ねる」ということわざがある。

これはおっぱいや様々なところにも通ずるところがあるわけだが、これに似たことがキャラ作りにも生かせるのである。

キャラは多ければ多いほうが良い』というのが俺の持論で、ぜんぜんインパクトのないキャラでも無いよりはマシというより、ほんと増えれば増えるほど有利になっていくのがキャラクターというものの性質なのだ。

ほんとに、「物を持つとき小指が立つ」とか、「鼻に指を突っ込むのが癖」とか、「椅子に座ると勃起する」とか。いや、例だけど。

そんなんでも全然いいのである。散らばって逆に安定感が無いだろうって話になりそうだが、事実複数キャラを持っているほうが圧倒的に有利に働く。イジられる回数も断然多くなる。小さくても状況に応じて即座にキャラを生み出せれば尚良い。

それが世間で言えば「欠点」となりうる事でも、こと笑いに関して言えば「利点」であると捉えて間違いは無いのだ。

まぁ、オードリーはね、春日のキャラが「上から目線」、「節約」、「熟女好き」、「筋肉」、「M」、ってそんなに多くないけどそこそこあるのと、あとまだあまり知られてない相方・若林の隠れたキャラってアドバンテージがあるから、それがハマればしばらくはTVに出てられるだろう。

けど、はんにゃはキツいなぁ。金田のキャラも「へたれ」「中坊」と少なくて、最近じゃあ若干「天狗」っていう最低のパターンを刻みだしてるでしょう?

まぁそれを言えばオードリーも最近色んな地上波の番組名をインターネットTVなんかで臆面も無く出しちゃってるっつー「天狗」っぽさがみられるからすぐ人気なくなるかもだけど。

それでもはんにゃよりは長持ちしそうな感じじゃある。

ただはんにゃもね、色んなコントで色んなキャラを演じてる努力は分かるんだよね。
レッドシアターなんかでも「ヘタレキャラ」にばかり頼ってはいない。なんか模索してるなーってのが如実に伝わってくるっつーか。

でも方向性が一緒だから新キャラなんてそうそう確立できないんだよな。残念だけど。

んで、迷ってる状態か。

今の人気を捨てる覚悟で、色んな方向性の色んなキャラを試してみると良い。それもTVに出れてるいまのうちにしかやれない事。

ただ、売れてるからってそのまま安直に「天狗」キャラは完全に落ち目パターンですのでお気を付け下さいな、と。

テレビって…

テレビ。

なんかこう、カタカナで見ると、最近違和感を覚えてしまう。

TV。

こっちのほうが自然だ。

テレビジョン。

雑誌の名前に見える。


いや。

別に今回、文字についてとかじゃない。

昭和初期から特に廃れることなく放送が続いてきたのは、
これが有用であり、また人々に愛されてきたからというのは、
美化しすぎじゃねーの? ってほどでも無いだろう。

情報を早く、広く伝えるのに、今のところこれに敵うメディアってのは無いだろう。

なんて、まだまだ世間じゃそう思われてる。

ま、実際のところそうだろう。

たとえインターネットが世界的な規模を持っていたとしても、
普及率や利用率なんかは各国、各地域ごとに対して偏りがあったり、
使用目的が限定的であったり。


いやまぁ要するに、インターネットTVってやつに関してなんだが。

テレビってのが進化して、最近じゃデジタルだなんだって巷は騒がしい。

地デジっつーの?

うちはまぁ前にここでも書いたか分からんが、液晶でもないテレビでして。
ブラウン管が温まらんとちゃんと映らないタイプなんだ。(仕様ではないけど)

それでもまぁ付けるもん付ければ地デジ見れますよ~なんて知り合いに教えてもらったが、
いまだにテレビの隅には「アナログ」の文字が。(初めはなんだか分からんかった)

まぁそういう民放の移行でめんどくせーなと思いつつ、やっぱり親しまれてきたTV放送ってのは
なかなか廃れないわけで。

こうなってくると他の有料番組なんかはなかなか世間に認知されない。

インターネットTVなんかもそう。
無料で視聴できるトコもあるけど、もともとの通信料がバカっ高いし、視聴率ってとこでいえば民放なんかと比べられないような状態なんだわな。

しかし。それでも。徐々に普及率が上がってきてるし、インターネット上での動画が見易い環境が整いやすくなったってのもあって、視聴率も増加傾向にある。

ユーチューブなんかの無料動画サイトの普及も助長に一役買っているに違いない。

民放に比べて有利な点もいくつかある。

ある程度規制がゆるいってのもあるし、

視聴する時間の融通が利きやすいってのがあげられる。

また何度も見れるってのはありがたい。

これはホンと画期的だと思うわ。いや、目あたらしかないけど。

まぁそんなのはAV機器なんかで補えるけど、
断然手軽に見れるし、DVDとして発売されるのを待って、
時間が経ってつまんなくなったもんを観る必要もなくなる。
(DVDの売り上げが伸びないのは動画サイトのせいってわけでもない)

特に、笑いはナマモノ的な要素がある。

昔のでもいま見て面白いって「笑い」は結構あるけど、
大概、「あの頃はもっと笑ったのになー」ってのが多い。

てのは、最近のTVで用いられてる「斬新な企画」の笑いにそんなのが多い。

あれって一種の時事的なもんだよな。
時間の流れというか笑いの流れというか。

観たいときに観る。じゃないと時間が経ってつまんなくなる。

現時点でのリアルタイムな評価。

これが「視聴率」ってのに対して、新たに「再生回数」としても加味されるわけだ。

視聴率一辺倒の評価よりも、周囲から見て分かり易くなる気はする。

しかし、かといって良いことづくしかといえばそうではない。

先にも挙げた「規制」ってやつ。

現在は割りと緩い感じでまかり通っている。

これが普及率に併せてどんどん厳しくなっていくのは目に見えている。

もちろん、規制が緩いのは問題だ。

だが規制が厳しすぎるとつまらなくなってしまうのが「笑い」というジャンル。

民放だってこの辺の折り合いがまだ微妙についてない。

インターネットTVだからこそってのがこの「規制」の部分に起因しているのなら、
メジャーになってもらっちゃ困るって意見も出てくるだろう。

でもネットTVが格別に普及すればもっと色々充実した、クオリティの高い番組が増えてくるかも知れない。

あっちを立てればこっちが立たず。

まぁでも、何にせよだ。

俺の好きなもんが廃れてもらっちゃ困る。

いっそ、廃れなきゃ今のまんまでもいいや。

左の頬を叩かれたら、右の頬を囮で出しつつカウンター。

出川哲郎!


はい。どうも。

え~、今回はご覧の通り。
デガワテツロウの話ではゴザイマセン。

笑いの肝。笑いの記念日。笑いのおっぱい。

そうです。その心は。
まぁ凄く肝心な要素と言う事で。

「リアクション」

って技術に関して軽く考察してみたいなぁなんて思ってるわけで。

まぁ先に挙げた芸人こそ、「リアクション芸」の巨頭。カリスマ。

これまでのお笑い界にて、
これほど芸人を生かせる芸人がいたか。という話。

ではなく。

まぁその一点に限らず、色んなものを総じたところの「リアクション」を追求したいと。

ボケに対するツッコミ。
これもリアクション。

ボケにボケを返すのも、
コメントを求められて答えるのも、
いじられて過剰に反応するのも、
熱湯風呂に入って大袈裟にのたうつのも、

これ全てリアクション。

芸人としての力量を計る上で、
恐らく視聴者の誰もが、潜在的に基準として用いるパラメーターである、と勝手に推測するのがこのリアクションである。

少し例を挙げて説明すると、
例えば周りに人がいると少し転んだくらいで大袈裟に痛がったり。

何か悲劇的な運命に見舞われた場合、大袈裟に振舞って周囲の気を引こうとする。

これは心理学的に言えばペルソナと呼ばれるヒトの外的側面。

また詐欺師などの典型である、演技性人格障害。
自分に注目を集めるためにわざとそれらしく振舞う、あるいは自分の理想とするものに成り代わろうとし振舞う欲求。
そういったものにも当てはまる。

まぁいわゆる嘘つきの大袈裟屋さんだ。

観る人がウソに気付かない場合。
あるいは、その人がウソをついていると気付いたとしても、不思議と騙されている気がしない。または悪い気がしない。

そう思わせる。

それが、演技力。
これは俺の持論だが。

人はその演技が迫真であれば、
騙される事に抵抗を感じなくなる。

まぁ麻痺するんだな。もしくは思考停止。

そして、単純な考えでそれを受け入れさせてしまう。

そう考えると結構な能力だ。
先に挙げた演技性人格障害というのは、宗教家などにも多いと聞く。

俺もプライベートでは結構、リアクションがでかいと言われる。

けど、それで結構笑いを取れるんだよな。
「わざとらしいっ」とか正論を言われる割には。

つまり。
割は良いってこと。だよな。

TVなんか観てると。
若手ってあんまりリアクションが出来てないのがわかる。
下手っつーか。なんかプライドでもあんのか。

で。
中堅辺りの芸人は、ほぼ確実にリアクションを取る。
しかもそれを自分なりにアレンジする者も多い。

出川にならってるのが気にいらんけど。
やっぱここじゃね?笑いの骨子は。

でかく、目立つリアクションで、
確実に笑いを取っていく。

そんだけじゃ駄目ってのは分かるけど。
高飛車気取ってリアクション怠る芸人は売れない。

と、俺は思うなぁ。

タイトル忘れてた(笑)。→ 芸婚でドン。

予告どおり今回のテーマは「結婚」である。

まず、どんなイメージがあるだろうか。

幸福。家庭。円満。安定。
伴侶。約束。育児。成長。

束縛。責任。憂慮。体裁。
浮気。離婚。裁判。加齢。

まぁ中には「墓場」だなんて揶揄する者もいるわな。

ざっと良い悪いを並べたが、今回のもうひとつのテーマであるコレ。

「仕事」

これも欠かせないキーワードのひとつだろう。

俺は、結婚なんて個人の裁量ひとつだと思ってるんだが、なかなかそうはいかないのも現実で、少なからず職業による結婚の難しさというものは確かにある。

主に安定性、その後の育児などに影響を及ぼしかねないという考慮があり、「芸人」など癖のある職業はハッキリ言うと信用が薄い。

まぁもっとハッキリ言えば信用とは「収入」による所が非常に大きいと言えるが、「恋愛」という面、または「感情」がそれ以上に高まれば、困難を乗り越えて結ばれるという事も極々自然にある。

「芸人」「スポーツ選手」「芸術家」「ミュージシャン」など、
才気によるところが強い職業は大抵がこの後者から結ばれるケースだろう。

一握りの人間は成功により収入の条件も満たすが、
「安定」とまで言えるのはその中でも極一部の人間に過ぎない。

それでもうえに挙げたアクの強い職を生業としている人間には、
意外に既婚者が多かったりする。

それは「収入」の条件のクリア如何を問わずである。

こういった特殊な職業を志す時点で、ある種の才気に恵まれていると言えなくも無く、そういった所に魅力を感じる者は確かに多いだろう。才能に惚れ込み、といった所か。

収入や職業なんて関係ない、
という人もいるかも知れない。

しかしその人物の本質がその二点に反映する事が稀では無いのも事実。
だから一概に無視を決め込む訳にはいかない。
よくよく検討の材料とせねばならないのである。

最近ハマってると書いた「ライアーゲーム」って漫画でも、
「信じる」と銘打って実は単なる「無関心」なんて言葉も出て来た。
例え疑うことになったとしても相手を知ろうとする努力はせねばならない。
これは若干目からウロコだった。

話を戻すが。
先に挙げた収入や恋愛などの条件。

芸人にはそれらとはまた別パターンの概念が存在する。

即ちそれは「芸」。
これをゲイなんて表現すると話は大きくそれるわけだが、まぁそれは別として。

収入や地位などを確立し、結婚する条件としては万全の状態にもかかわらず、独身貴族な芸人は結構多い。

これに関しては男女問わずとは言い難く、どちらかと言えば女芸人は結婚に対し前向きな傾向が見て取れるが、男芸人には結婚に対する危機感が大きく影を落とす者も少なくない。

要するにコレは当然だけど色々考えちまうわけだ。
「家庭を守ること」と「芸を磨くこと」

その芸人スタイルによっては、これを両立する事が出来ない場合が、やはりある。

これは特に「ボケ」を担当する人間には重くのしかかる。
芸を優先させれば、家庭をないがしろにする。
家庭を優先させれば、芸をないがしろにする。
本当に、「笑い」を取るか「家庭」を取るか、二択のように思えてしまう。

その点だと、「ツッコミ」は比較的両立が容易い。
それは、芸人とはいえツッコミ側は体面的な良識派と言える為である。

ボケを正す知性と良識を有し、尚且つ場を取り仕切る強さも持つ。
これらは頼りがいのある、または信頼ある立場というイメージが持たれる。

実際は、ツッコミとボケの知性や良識もほぼ同じ程度なのだ。
でなければそれを「芸」として売りにすることなど出来る訳も無い。

だが視聴者は見たまま、有りのままを見て判断する。
それはまったく間違ってない。むしろそれが当然だし正しい。
実は計算ずくだとか底意などを素人に測られる様では、芸人として手を抜いているか力量が不足しているかのどちらかと言わざるを得ない。

まぁ番組なんかでも観てると、昔は思い切りの良いボケしてたヤツが結婚するとツッコミ側にまわってるなんてのはよく目に付く。
そういうの見ると違う意味で笑けてくるんだわ(笑)。

でもね。ここまで挙げた要素。
これらはあくまで一般論に過ぎないってな。

旦那や嫁。親や子供。または兄弟、姉妹。祖父母に孫。
つあーっ、挙げるときりがねー。

つまり、家族だ。

それが「芸人」だったらば。
本人ではなく、むしろ周囲がそれを受け入れないといけないんだよ。

芸人にとって結婚とは、
「笑い」と「家庭」の二択に思えてしまう。そう思いがちだ。
けど、実はそうじゃない。

「笑い」のうえに「家庭」を築く。

それひとつのみなのである。

これは他の職業でも一緒。
ただ、難しいのはその理解を得ること。
周囲が受け入れることが出来るかどうか。

まぁ俺は結婚主義じゃあないんで、んなもん個人の裁量でいいじゃねーかと思うんだがなー。やっぱ家庭を持つと家族に対する義務が生ずる訳なんだよな。

俺みたいな人間は、世間知らずと罵られるんだろう。
うえに書いたのも、現実を知らない人間の理想論、机上の空論、砂上の楼閣なんて言葉で片付けられるのだろうか。

ああ、この考察の結論を。

「結局、良い人見つけるしか無いわ」

であるな。ほんとに。

時代は変わりつつあるよ。
結婚というものが、単なる体裁や年功などではなく、本当の意味と価値を見出すものとして捉えられてきている。見つめなおされてきている。

だからって離婚ブームは契約違反だろといいたいけど、良い方向にかわりつつあるとは思う。

これからはうえで挙げた「良い人」が、ほんのちょっと増えそうな気が、

まぁ、しないでもないや(笑)。
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。