スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

そうです。歌泥棒です。

掲題とは一切関係ないんだけど。

オードリー面白いな。

春日のモノマネでも練習すっかな。
スポンサーサイト

第1回勿体ない芸人ランキング

ドモ。

タイトル通りの企画です。

要するに、もっと評価されてもいいんじゃないかって芸人をピックアップする訳です。

んで、ランキングにしようかと。
その方が見易いでしょ。
俺の独断だけどね。

説明がめんどいのでこのくらいで。
それではいってみましょう。


【第5位】 『東京03』

ツッコミ担当の飯塚、ボケ担当の豊本、角田のトリオ。

ネタの作り、テンポ、キャラ設定と文句無し。
三人組だけあって、互いにフォローしあいトークも意外と盛り上がる。

ネタとトークに強みもあるし、徐々に人気の出るタイプか。
まさに玄人好みといったところ。

欠点を言えば、

とにかく華が無い。影が薄い。

だから番組で特別フューチャーされる機会が少ない。
ゴッドタンのマジ歌選手権で熱唱した角田くらいか。

あれは大金星だったと言える。

しかしまぁゴッドタン自体がそれほど知名度ないからな。

もったいねー。

【第4位】 『COWCOW』

ツッコミ担当の山田、ボケ担当の多田のコンビ。

とにかく深夜でいいから冠番組を持たせてやってくれと言いたくなる。

ネタの発想力、パンチ、安定感、好感度と、どれをとっても及第点。
モノマネ含む一発芸も多数あり、漫才もいい。
MCやってもゲストいじりとか出来そうなコンビだし。

それよりはコント空間でのやりとりで笑かすような番組がうまそうだが。

まー欠点は、スベることに慣れてなさそうなトコか?

思い切りが足りないと言うか。
スベって笑かす技術ってのは昨今の番組じゃ必須に近いしな。


【第三位】 『三拍子』

ツッコミ担当の久保とボケ担当の高倉のコンビ。

まーいちどレビューしてるから必要ないかなと思ったけど、ランクインさせた。

勿体ない度だけで言えば第一位かもな。
なぜなら、まだ若い

若手芸人がいま脚光を浴びてる。
オードリーとか同世代なんじゃないか。
あとオリラジ、はんにゃ、フルーツポンチなんかも歳は近いんじゃないかと。

これらの芸人と比べても、見劣りはない
むしろ俺的にはこの中で一番「観たい」と思わせる芸人だ。

理由は、コンビの釣り合いが取れてるから。役割っての?
コンビの片方を見て笑ってるんじゃなく、二人のやり取りを見て笑ってるのが如実に分かる。
天下取るにはそれが必須なんだよな。

まーそーね。
欠点を言うと、大ボケが足りない

格ゲーとかでさ、弱パンチとか強パンチとかってあるじゃん。
んで、アーケードで対戦とかやってっと弱攻撃ばっかり使ってるのに異様に強いヤツっていたでしょ。
そんな感じ。わかりにきーか。


【第二位】 『オアシズ』

ボケ担当の光浦とツッコミ担当の大久保のコンビ。

今では数多いる女芸人だが、唯一のランクインだ。
(ほんとはチェリー☆パイを入れたかったんだが。)

この二人、ネタもトークも中途半端で華も無い。

しかし恐ろしいほど空気が読める

この能力ってのはすごい汎用性だ。
前に出るトコでは前に出れるし、発言もイチイチ笑いを取れたり。

芸人なら喉から手が出るほど欲しい技術をこの二人は持ってる。
まーこのチカラ、TV慣れして手に入れたとは思えない所がまたすごい。

努力したのか。それとも地で身に付いたのか。

もっと色んな番組に出て良いだろ。もったいねーよホント。

ただ、致命的な欠点もある。

それが、二人揃うと何かキャラがかぶり気味なんだ。
地味でネガティブなキャラの女が二人揃うと、観てる方もウザく感じるだろう。

ひとりならそんなボケも処理しやすいけどな。


さて、いよいよ栄えある第一位の発表です。


【第一位】 『南海キャンディーズ』

ツッコミ担当の山里とボケ担当の山崎のコンビ。

ちなみにボケのほうを山崎というとピンとこねーかもしんないから、表記はしずちゃんとする。

まーこのコンビは売れてねーわけじゃないんだよな。
むしろブレイクを果たした芸人と言って良いだろ。

じゃあなんでここで名前が挙がったのか。

それは、ツッコミの山里。

なんであんなに評価が低いのか。
いや、業界的には高いのかも知んないけど、なんつーかもっと評価されても良い芸人だ。

キャラ的なもんもあるんだろう。コンビ間の折り合いとかもかねてるのか。

それでもあの頭のキレ具合と芸のキレ。
あとキモイけど強烈なキャラクターは半端ではない。

まーそうだな。
キモイってのがもっともネックなのか。

でもなー。そこばっかいじるのも勿体ねー素材だぜ?

しずちゃんの人気だって、山里がプロデュースしたようなもんだろ。

二人ともっつーか、山里はゲストで出演してる番組は結構見かけるけど、
主軸になってやってる番組ってそーないよな。

ゲストとトークする番組とかどうだろう。

やつの真価が発揮される気がする。



と、まぁ。



如何だったろうか。ランキング。
ほんとは20位くらいまであるんだが、流石にめんどいんでこのくらいで勘弁して欲しい。


あと、別にランキングとは関係なく最近気になった芸人。

どぶろっく

あらびきverな。まだ未知数だが、オモロイわ。聖夜とか。

積み重ねてきた努力

こんばんは。

「努力」って、何でしょう?

自分の身になる、身に付くこと。

そういうことを前提に行うものなのか。

そう果たして言い切れるか。

ただ何かに励む事。

それをして努力と言っても良いのではないだろうか。

もちろん、目標があることは望ましい事である。

しかし、達成する事を必ずしも目標とする必要はないだろう。

単なる弱気な発言ととるか。



いや、まぁ。

ドラクエ3の冒険の書が消えました。

ラスボスと戦ってる途中に。

そんだけ。

いや~、損してる。

知らないってのは損してるよな~。

いや実際は、得をしないってだけで損しちゃいないわけだが。

TV放送と一言で言っても、いろんな種類がある。

全国放送やローカル放送、有料放送ってのもある。

普通にTVを観てるだけじゃそういうトコって気づきにくい。

番組内で『○○放送局』、『○○TV』とかってスタッフロールで紹介されたり、
そんなとこを注意深く見てないと気づかないんだよな。

しかも、そんなのも全国放送されている番組に限ってであり、
地域限定の番組なんかは、その存在すら普通は知らない。

いやぁ。最近見つけちゃったのよ。

番組自体は結構有名らしいんだけど、このお宝番組。

『 おねがい!マスカット 』

あー。

まー、結構幅広く放送されてるんだけど、かなりの深夜枠だし、
俺も最近知ったくらいだから、ローカルなんだろうと。

俺ら男から言わせてもらえば、「夢のような番組」だな。

だってこんなの言っちまえば、普通のバラエティとかグラビアとかのアイドルなんか、

商売あがったりでしょうよ。

バラエティとして成立するくらいおもしろいし。

普通に容姿端麗なAVアイドルら。(ん?セクシーアイドル?セクシー女優?)

グラビアアイドルも出てるみたいだけど、どっちでもいい。

これまで見えていたおもっくそ演技なとこだけじゃなく、

若干、素面が見えてしまう辺りにこの番組の計り知れない

希少価値みたいなもんを感じてしまう!

・・・ちょっと熱くなっちまった。

とまぁ、前述したようなバラドル、グラドルが商売あがったり、なんてことは、

実際にはねーんだよな。

彼女らはそういったっつーか、まぁ縛りみたいなもんがある。

勿体ねーなと思うわ。

サービス精神もポテンシャルも全然引けをとらないどころか勝ってるっつーのに。

まーあの番組(おねマス)を観れば、おもしろ発言も言わされてるってのは分かる。

ネタとかも全部作家が提供してるんだろうってのもまーありがちだ。

でもそれをカメラの前で面白くやれるかどうかってのが、昨今の番組作りでは

重要になってきてるんだよな。うまく演じきれるかどうか。

嘘ってのも二種類あるだろ。良い嘘と悪い嘘。

嘘にゃ変わりないが、誰も損しないんならなんつーか、いたずらで済むレベルだし。

でもな。

二つほど納得できないことがあんだよね。

まずひとつは出演者。

またおぎやはぎの番組かってとこ。

なんかこのコンビが絡んでくるんだよなぁ。俺好みの番組ってーと。

別に俺このコンビそんな好きでもないんだけど。

趣向の問題か? エロ方面が好きだから?

で、もうひとつのモヤモヤ。

この番組の謳い文句(いわゆるコンセプトな)

「深夜をスカッとさせるストレス発散バラエティ」らしい。

いやぁ。

ちがくね?

むしろ、

ムラムラするし。

スカッとするのはむしろその後だろ。(個人差有り)

・・・どーでもいいか。

あー、ちなみに俺は、

KONANと西野翔がお気に入りだ。

・・・どーでもいいか。
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。