スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ウソをつけ~。

「優柔不断」という言葉がある。

それが好ましくない物として定着しているのは、
人間の趣向に寄るところだろう。

逆に、「竹を割ったような~」という形容句が
好意的に受け取られる場合が多いのもそう。

つまり、人間ってヤツは、

「分かりやすい」というのを好み、

「分かりにくい」ことを嫌う。

って、ことにしといて、

何でもかんでも数字で表すことを
よしとする訳です。

思い返せば幼少時からずっと、
この数字に付きまとわれてんですよね。

まぁ、それも大事ではあるんですけどね。

それで色々人生を決められたりもします。

TV番組ってのもまた言わずもがな、
数字に影響を受けているわけです。

「視聴率」

今回のテーマはコレです。

さて、よく耳にする言葉ではありますが、
これについて少し説明を。

『視聴率を調査する目的』

・各種番組の視聴率から、国民の関心の高さを探る

・視聴率の移り変わりから社会の動きを知る

・テレビの媒体力や広告効果のひとつの指標として提示することで、利用スポンサーに対して広告料をもらう根拠とできる

ウィキから転載しました。興味ある方はそっちでもっと詳しくなりましょう。

主に調査は「株式会社ビデオリサーチ」が行っている。
無作為に選んだサンプル世帯(2年周期)で測定。


まぁ説明はこのくらいにします。詳しくはwebでどうぞ。

TV番組もスポンサーあってのもの。

ようするに、出資者がいないと番組を制作出来ない。

出演者のギャランティ。スタッフの給料。セットの費用。

俺ら一般ピーポーから言わせると、莫大な金がかかってる。

その金を出すかどうか。それを決断する材料が要するに視聴率な訳だ。

それだけじゃないって意見もあるだろうが、そうだとしか言えん。

視聴率0%の番組を、金払って作りたいスポンサーはいない。

まー厳しいですね。

俺が今回、何でこのテーマを選んだか。

正直、こんな話題つまんねーと思う。

しかしながら、書いときたい。

「くりぃむナントカ」って番組について。

大昔にここで書いた気もするが、深夜で人気を博し、
ゴールデンタイムに昇格。
その後、大ゴケして打ち切りになった番組だ。

視聴率。その一点において判決が下されるのは、
あまりに淡白というか、冷徹というか。
またその点、正確性においても不明瞭というか。

番組の内容は、パワーアップしていたはず。

出演者も、ゴールデンタイムに通用する面子を揃えていた。

それでも視聴率は振るわなかった。

理由は単純に視聴者層の質、の急激な変化。

これは表現としてだいぶアバウトだけど、
元はと言えば深夜で始まった番組である。

何で要するに、「深夜番組が好き」な連中が見る番組なんだな。

それがゴールデンタイムの視聴者層が見る番組に昇華、
あるいはその視聴者層が『慣れる』までは結構かかる番組なわけだ。

シフトするのに結構時間がかかる。
少なくとも1年はみるべきではあったはず。

くりぃむしちゅーの二人がね。ショックだったんじゃないかって。

しかし、評価はいまだに高い。

お笑い好きな人間てのは、面白いものはずっと認める。

くりぃむナントカはつまんなくなって終わったんじゃないって事。

『視聴率』が単に振るわなかった。それは、イコールつまらないではない。

さまぁずがなんかの番組で言ってたが、

その回の視聴率が良かったのは、その前の回が面白かったからだ、と。

1個の数字だけじゃなく、その前後の関係性まで見る良い言葉だ。

では、このテーマを締めます。

「視聴率って、結局、600世帯くらいのサンプルから測ってるんじゃ、すげー適当じゃね?」

だ。

まぁ、何の指標も無いよりはマシなんだろうけど。

それでいいのか?


てか、NHKは必要なのか?
スポンサーサイト
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。