スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

俺は言ったことは必ず実行(略)

偉そうなことは言えない。

けどまぁ、一応言っちゃったから。ケンコバについてだ。

ケンドーコバヤシ。
多くの人は愛着を持って「ケンコバ」と称す。

久しぶりなんで一応言っておくが、ここは俺の主観で書く訳で、
事実と異なる部分もあるかも知れんが、まぁそこは指摘してくれ。
基本、クレームは受け付けないけどな。

まぁ最近は下火になってきた感のあるお笑いブーム。
いや、依然として新しい芸人は出現してきているが、もうそんなのにも
慣れてきたってのが世間一般のお笑いに対するイメージではなかろうか。

ケンコバが頭角を現したのは察するにそのお笑いブームの初期から中盤辺り。
「エンタの神様」だの、ネタ番組が跋扈していた時期だ。

とにかく多種多様な芸人が現れはじめ、お笑いブームは加速。
出れば売れる。うーむ、こう言っちゃ批判に近くて悪いがそんな状態。

オリラジや陣内智則やらのシティ派っぽい芸人。脚光を浴び始めてきた友近ら女芸人。
これらはエンタブームによって全国的に売り出され、多大な人気を博していた。

しかし。
なんつーか、似たような芸人が増えだしたのもこの時期。
売れたかもしれない。けどその人気は永続的なものではなかった。
だって同じことばっかやってんだもん。飽きるし。

まぁそんなゴールデンで派手に売り出していた芸人達のそでで、深夜枠を中心によく見かける
ようになった芸人がいた。それがケンコバ。ケンドーコバヤシである。

ぽつぽつテレビで見るようになった頃にはもう既に完璧といっていいほどキャラが出来上がっていた。
言うまでもなく下ネタだ。
が、これだけキャラが固まってる芸人もそうはいない。俺がテレビで見かけていた頃には既に中堅クラスの存在感とポジションが奴にはあった。

そしてそのエロオヤジぶりと伴って真性オタクぶりをアメトークで発揮しだす。
今では名実ともにお笑い界の中堅を担うほどに成長した。

しかし。

良いか悪いか。いや、良いわけないのだが。
その公共放送に適さない行動、言動の数々。

それが面白さの源となっているからには捨てられねーのは分かるけど、
いつまでも深夜枠でくすぶってる理由はまさにそこだろ。

ピンクローター漫談なんてのも観たけど、ヒドイ。うぇぶたまとかでも好き勝手やってるし。

せっかくのトークの技術がもったいない。人柄も良いし、子供受けもするだろ。
そろそろ下ネタを卒業し、オタクキャラも卒業し、まともなバラエティタレントを目指してみるとどうだろう?
きっと息の長い芸能生活を送れると思う。

まぁ、
なんてこと俺が言うわけないし。

あのお笑いブームに芸人として売れて、タレントとして息長く細々と、なんてタレントがいまどんだけいるか。

安牌なんか選び出したら、芸人として失格だろ。
いまの笑いを追及しなくなったダウンタウンとか面白いか?

ケンコバ大王の水商売のコと麻雀するやつみたけど、呆れつつもおもろかったし、羨ましかった。正直な。

浪花の勝負師なら、常にギリギリの勝負を味わえる「芸人」こそ、一生の仕事なんだろって言ってやりてーよ。

あ。
まだ勝負しまくってるし、言う必要もねーか。てか少しは自重しろ(笑)
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

ブログ内検索
RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。