スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

最近のAV機器

すごいな。

いや、すごい。

TVがウチに来て、数ヶ月が経つ。

しかし、テレビを見る時間もないくらい忙しい。

なんて言い訳が通用しない世の中になった。

「じゃあワンセグ持て」

「録画して見ればいいじゃん」

などなど。

「そんな時代遅れなこと出来るか! 俺はリアルタイムで観る主義なんだよ!」

なんつて。
笑いには乗れても、ますます時代に乗り遅れてるわけで。

いらねー話はこの辺で。

やっぱアメトークは面白い。

これも一種の企画モノの番組だ。

しかし、トーク番組でもある。

トーク番組であり、企画モノなのか。どっちかわかんねーけど。

んでもって両方の長所と短所を備えてるわけだ。

長所はもちろん、長続きすること。

これはトーク番組の長所だな。
つまり、変わったことを求められていない。

出演者が入れ替わり立ち代りすればそれだけで目を引くし、トークの内容も人それぞれ。

コントやネタ番組なんかと違い、ネタ切れってのになりにくい。

企画モノ的な長所としては、まずそのインパクト。

企画というのは、コレは前にも書いたっけな。

斬新なほど良い。

ほんとに訳わかんねー企画でも、いや、訳がわからないからこそ、笑いがあると言える。

理解や共感を得ようとしてはダメだ。

むしろ理解できないほど面白く感じるのだ。

その点で言えば、前にレビューした「神さまぁーず」とかも一緒。

んで、それが深夜枠の良い所でもある。

じゃねーと放送できないだろうし。

まぁあれだ。

こっからは今日のアメトークの感想だが、そんなのどうでもいいけど書く。

有吉。あのセンスおもろい。

ワッキー。クソおもろい。

ケンコバ。すべりすぎ。

だな。

最近のケンコバ包囲網みたいの。あーゆーので焦ってるのか。

俺はケンコバ派だ。

いや。別に贔屓する気はない。
ただ、あのスタイルが気に入っている。

下ネタくらいいいだろ。

ゴールデンなんかでなくて良いんだ。
むしろあんなとこで芸は磨けないし、中途半端な笑いが求められてるのが気に食わん。

毒舌だろうがなんだろうが、どうでもいい。
やりたい事やって干されるんなら本望。

そんな生き様に漢を見たんだが。

ケンコバ意外と小心者なん?
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

ブログ内検索
RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。